Company

株式会社フェズ Homeへ

MISSION

「消費」そして「地域」を
元気にする。

小売業界は社会を支える巨大なマーケットです。
小売業界には、1,000万人以上の方が関わり、かつ市場規模は140兆円と言われています。
だからこそ、この小売業界に変革を起こすことが、大きなインパクトとなります。

さらに小売業界では、データを積極的に活用している企業はわずか一桁台であり、
デジタルで変革できれば、市場をより大きく伸ばせる可能性があります。
小売業界の変革パートナーとして、日本の消費をより元気にする。
それが我々の使命だと捉えております。

原体験から生まれた
リテイルテック

フェズのリテイルテックは、私がP&G時代、Google時代に体験したものを形にした事業で、
この経験があるからこそ我々がやるべきだと思っております。

代表取締役

伊丹 順平

小売の価値を知ったP&G時代

新人時代、小売の売り場を徹底的にまわりました。なぜここに新商品を置くのか、値段はいくらが最適なのか、店舗を維持するのに沢山の人がどれだけ大変な思いをしているか、を理解しました。本部の商談を任されるようになり、商品を仕入れるバイヤーの方々と商談する中で、バイヤーの皆様がいかに消費者と真摯に向き合っているか、そしてそれを売り場で表現するための意思決定を、多くの人と情報に接している中で行う難しさ、を肌で感じることが出来ました。
メーカーの立場で小売の方々と一緒に仕事をさせてもらう中で、「消費の本質は小売の売り場と意思決定にある。」そんな結論を出せた3年半でした。

データで本質を見抜くことの可能性を感じたGoogle時代

Googleに転職した後も、リテイル業界や消費財メーカーを中心に広告営業を担当しました。前職とは違う立場から小売業界と向き合ったことで、業界を取り巻く環境の変化と経営者の方々が感じている課題を理解することができました。
デジタル化やグローバル化が進む中で、小売に日々蓄積されるデータの重要性を理解し、どう活かしていくか、小売業界は変革の時代を迎えています。
私は、テクノロジーとマーケティングの力を使って消費者の行動を正確に捉える仕組みと売り場、そしてそれを決めるバイヤーの方々の意思決定を連動させる、新しいビジネスモデルを構想しました。

会社概要

会社名
株式会社フェズ
代表取締役
伊丹順平
設立
2015年12月3日
従業員数
117名(2021年7月1日現在)
事業内容
リテイルテック事業(リテイル業界のデジタルトランスフォーメーションに関連する事業)等
本店所在地
東京都千代田区神田紺屋町15番地
グランファースト神田紺屋町3F
Tel:03-6447-5947 / Fax:03-6447-5948
Google Mapで確認する
島根オフィス
島根県大田市大田町大田イ259-5
Tel:0854-86-8211 / Fax:0854-86-8211
Google Mapで確認する
資本金
100百万円

グループ会社

会社名
株式会社ファイブシーユー
公式サイトはこちら
会社名
株式会社ストアギーク
公式サイトはこちら

役員一覧

沿革

2015.12

東京都渋谷区に株式会社フェズを設立。

2016.8

東京都渋谷区に北参道オフィス増設。

2017.4

リテイルテック事業始動。

2017.5

東京都港区に移転。

2018.5

東京都千代田区に移転。

2020.7

総額約6億の資金調達実施。

2020.9

株式会社ファイブシーユーのグループ会社化。

2020.10

『Urumo OMO』リリース。

2021.3

合弁会社「株式会社ストアギーク」設立。

2021.4

『ラウンダープラットフォーム』リリース。

ロゴマークに込めた想い

FEZのロゴマーク

モノを購入するシーンを想起できる「バーコード」をモチーフにすることで、データを活用し小売業界にデジタル革新を起こしていくというフェズの決意を込めています。さらにこの多様な線のひとつひとつは、個性あふれる「地域」を表しています。こうした直線の連なりが右肩上がりに成長していき、「『消費』そして『地域』を元気にする。」という弊社のミッションを実現する、という想いを込めて作りました。

Urumoのロゴマーク

大きな丸の重なりをモチーフにしたUrumoのロゴは「消費(小売、メーカー、消費者)」「地域(日本、和)」「元気(花丸)」を表しています。また「でかけたくなる、買いたくなる、をもっと」のメッセージにあわせ、でかけたくなる動的なイメージと、右肩上がりに消費が活性化するイメージを表現しています。