株式会社フェズ Homeへ

AD POLICY

広告倫理

株式会社フェズは、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の会員企業として、インターネット広告倫理綱領・インターネット広告掲載基準ガイドラインを遵守しています。


インターネット広告倫理綱領(2000年制定)

広告は社会の信頼にこたえるものでなければならない
広告は公明正大にして、真実でなければならない
広告は関連諸法規に違反するものであってはならない
広告は公序良俗に反するものであってはならない


一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会 インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン

インターネット広告取扱いポリシー

株式会社フェズは、インタ-ネット広告事業に関わる各種法令及びJIAAが定める各種ガイドラインを遵守し、違法又は公序良俗に反する広告クリエイティブの排除並びに広告掲載先の品質及び広告トラフィックの品質の確保に努めています。

1. 広告掲載先の品質確保(ブランドセーフティ)

株式会社フェズは、不適切な広告掲載先をコントロールし、反社会的勢力などへの広告費の流失を防ぎ、掲載先の品質と広告主ブランドの安全性を保つために、JIAAが定める「広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)」に則り、広告掲載先の品質を確保するための対策を行っています。

広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)

2. 広告トラフィックの品質確保

株式会社フェズは、広告配信における無効なトラフィックを排除し、不正な第三者への広告費の流出を防ぐために、JIAAが定める「広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)」に則り、アドフラウド対策などの広告取引の信頼性を確保するための対策を行っています。

広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)