株式会社フェズ Homeへ

Urumo OMOとは

『Urumo OMO』は、小売業界においてオンラインデータに加え、
オフラインにおける実店舗の購買データや位置データ、店頭データから逆算し、
小売及びメーカーの「セールスリフト」をワンストップで実現させる逆算型OMOプラットフォームです。

サービスの全体像

『Urumo OMO』は、実店舗での購買データや位置データ、店頭データを基に分析・課題抽出を行うため、
多くの企業様とパートナーシップを組み、かつOMO施策を実現するため、
「広告×販促×店頭」各ジャンルの企業様ともパートナーシップを組んでおります。

セールスリフトとは

「セールスリフト」とは小売及びメーカーの売上要素を向上させることを指します。

従来、実現することが難しかったオフラインでの購買行動を捉え、
新規顧客への来店・購買促進や既存顧客へのアップセルを狙った購買促進を、
「広告 × 販促 × 店頭」を連動させ消費者接点の全体最適化を図ることにより実現します。

従来の認知やリーチを重視するマスマーケティングの手法に対し、
『Urumo OMO』では購買データや位置データ、店頭データに基づき、
小売業界に精通した独自の分析ロジックを構築することで、適切な戦略および施策を提案します。

セールスリフト
実現のためのステップ

1. 課題抽出

セールスリフトの要素分解を踏まえて、売上目標を達成させる適切なKGIの設定を行います。

Action
  • 課題のヒアリング
  • KGIへの落とし込み

2.戦略立案

KGIから逆算された戦略立案を行います。

Action
  • 購買起点の分析、機会の可視化
  • 分析結果から紐解く戦略方針の策定

3. 戦術/実行

KGIを達成させるための最適な「広告×販促×店頭」の具体施策へ落とし込み、実行します。

Action
  • 戦略立案を踏まえた「広告×販促×店頭」を連動させた具体的施策のプランニング と実行

4.セールスリフト検証

KGIを引き上げることが出来たか、またそこに紐づくKPIがどうだったか因果関係を紐解き要因分析を行います。

Action
  • 施策後のKGIに紐づく効果の可視化
  • 要因分析と課題、次回施策への機会を考察