株式会社フェズ Homeへ

NEWS
プレスリリース
2022.06.15

インテージ社と各種マスターデータの連携を開始しました。

このたび、市場調査・マーケティングリサーチなどのマーケティング支援事業を展開する株式会社インテージと、商品情報データベースと店舗情報データベース「i-Store DB®︎」の活用において連携を開始することをお知らせいたします。

今回の取り組みを通じて、フェズが複数小売事業者と連携していることで活用できるID-POSデータと、インテージが保有する業界最大級の商品情報データベース、全国約1,200チェーン・約100,000店を網羅した店舗情報データベース「i-Store DB®︎」を連携させます。

これにより、従来小売事業者ごとで異なっていたID-POSデータにおける商品や店舗属性に対して、共通の属性や新たな属性を付与し、小売事業者・メーカー双方がマーケティングにより活用しやすいデータ基盤を構築します。まずは、現在フェズが提供しているOMOソリューションのサービス強化を行います。広告配信ターゲットの最適化、広告を閲覧した消費者が実際に店舗に来店し購入したかを計測・分析する「来店検証・購買検証」の分析軸の追加および精緻化(店舗属性や商品属性ごとにおける来店検証・購買検証の実行)を、可能とします。
※フェズが連携するID-POSデータは、各小売様より許諾を得た際に利用が可能です。

プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000056777.html

Facebook