DIVERSITY
フェズは「多様性」を大切にします
フェズで働くメンバーは、それぞれ異なるバックグラウンドを持っています。全く違うフィールドで活躍してきた精鋭たちだからこそ、フェズに提供できる価値もそれぞれ違います。「メンバーの持つチカラを最大限発揮できる環境」。そんな場所を提供できるのがフェズの魅力です。
Diversity
フェズは「多様性」を大切にします
フェズで働くメンバーは、それぞれ異なるバックグラウンドを持っています。全く違うフィールドで活躍してきた精鋭たちだからこそ、フェズに提供できる価値もそれぞれ違います。「メンバーの持つチカラを最大限発揮できる環境」。そんな場所を提供できるのがフェズの魅力です。
MESSAGE
DIVERSITY
新卒リーダー・複業・働くママなど… 全く異なるわたしたちのワークスタイル
フェズのなかでも特徴的な4名を紹介します。それぞれの夢や目標を共有し合うことで生まれる信頼感が基盤にあるからこそ、ひとりひとりのパフォーマンスが向上します。
「個人の志を大切にすることが、フェズにもメンバーにとっても良い結果を生む」それが成長の秘訣です。
RECRUIT INFO
Diversity of Working Style
Challenge Work
YUKI SADAKATA
Found his Own way
RYUYA KUNITOMI
Parallel Career
STEPHEN HARUKA NEZU
Working Mom
MAIKO RUIKE
Challenge Work 人事部 貞方優希
メンバーが最高のパフォーマンスを発揮出来る環境を日々考えています。
私がベンチャーに新卒で飛び込んだ理由
今までの自分を振り返ったときに、何かにチャレンジしている時が、キツくて、苦しくて、楽しくて、生き生きして、輝いていたことに気がつきました(笑)「何をしたい」や「将来どうなりたい」がなかった私にとっては、自分が会社のために何をしているのかがわかって、「裁量権のあるチャレンジをさせてくれるところ」で働くのが会社選びの中で一番大切だと思ったからですね。
現在の仕事内容
人事として、主に7つの業務を行なっています。①人材の確保②組織の醸成③人事評価④人材育成⑤人事制度立案⑥労務管理⑦人事広報です。一言で言えば、人事の仕事全てですね。右も左も分からないながら、1人部署なので、この会社のスピードについて行くために日々奮闘中です。ただ、私がベンチャーを選んだ理由にぴったりはまっているので、本当に楽しくもがきながら働けています。
フェズの魅力について
挑戦させてくれる環境があること。「新卒だから」とか、「年齢が上だから」とか全く関係なく、やる気があればフラットに挑戦させてくれます。そして、挑戦した結果に対してのフィードバックをしっかりしてくれるのは、とにかく成長したい私にとっては魅力でしかありません。逆に、教育環境がまだ整っているわけではないので、自分から「したい!」が言えない人にとっては、厳しい環境かもしれません(笑)
YUKI SADAKATA’S PROFILE
東京都出身。高校時代にボートで全国入賞経験あり。高い目標に挑戦しているときが一番楽しいことに気が付き、2018年フェズに入社。現在は、新卒ながらも人事部を1人で担当。理想と現実のギャップに悩みつつも、フェズのメンバーが最高のパフォーマンスを出せる環境づくり・文化醸成に奮闘中。▶貞方をもっと知る
Found his Own way メディア事業部 國富竜也
『人生100年時代』を”何にも”縛られずに生き抜く人材になるために
銀行から180°のキャリアチェンジをした理由
僕には『”お金、時間、場所”に縛られずに生きる』という夢があり、銀行→IT業界というキャリアチェンジを決意しました。銀行員を辞めた理由は『投資、保険、不動産、相続、遺言、税金』に関する幅広い知識がつき、『お金を増やすための知識、スキル』が手に入ったからです。次に『時間、場所』に縛られない生き方をするには、webサイト・パソコン関連に関する知識が必要不可欠と考え、IT業界に飛び込みました。
現在の仕事内容
メディア部の編集長を担当しています。具体的には、コンテンツ企画・編集 、デザイン作成 、UI / UX 改善、コンテンツ制作のディレクション などですね。大手企業で働いていた頃に比べると、若手であっても任される業務内容も広く、役職も上になったため、多くの課題に直面してますが、同世代に比べて圧倒的な成長ができていると思います。これまで以上に『個』が評価される時代に突入した今、『成長できる環境に身を置かない理由』はないと考えています。
フェズの魅力について
『フラットな関係性』『優秀な人材』ですね。良い意味で、上司と部下の”垣根が全くなく”、各メンバーが互いの考えを傾聴し、価値観を尊重しあいながら仕事をしてます。 またGoogle、リクルート出身者が多く、そこで結果を出してきた人達から『ビジネスの基礎』を学べることは20代の僕にとって非常に魅力的でした。仕事を選ぶ上で『誰とやるのか?を大切にしたい!』という人は、ぜひフェズ 社員と一度会ってほしいです!
RYUYA KUNITOMI’S PROFILE
学生時代にヒッチハイクで日本一周→wantedly株式会社で働き、新卒で三井住友信託銀行に入社。リテール事業にて、富裕層のお客様の金融資産に対する資産運用コンサルティングに従事。その後、個人で運営していたwebサイトが軌道に乗り、webサイトに関する網羅的な知識を得たいと考え、Googleメンバーが複数人いるフェズに入社。現在はメディア部の編集長を担当。休日は副業としてwebサイトを運営し、2019年6月に起業予定。
Parallel Career プロジェクト推進部 根津 スティーブン 遥
フェズと会社経営、どちらも本気でやるのが自分のルールです
経営者であり、会社員
平日はフェズ、土日はスタートアップ企業の取締役。「どちらも本気でやる」ということを自分のルールとして日々働いています。ウェブコンサルタントとして、たくさんの事業者様の課題をお聞きし、改善案を提案してきました。ただ、良い意味でも悪い意味でも、どうしてもウェブコンサルタントの枠にハマってしまっている自分に気付き、”物足りなさ”を感じるようになりました。そうした中で、もっと広い視点で全体像を見たい、と感じ、起業をしました。
現在の仕事内容
プロモーション事業のマーケティングを担当しています。まだまだ修行中ではありますが、実際に会社を経営したことがある人にしか見えてこない「何か」が、少しずつ分かってきました。特に自分が会社員だとあまり見えてこないコスト面や経営判断の方法、人事評価、ユーザーとのコミュニケーションなど、事業を拡大する上で重要な点がたくさん見えるようになりました。そういった学びをもとにクライアント様とお話できるので、提案のレベルも少し上がったかな、と思っています。
フェズの魅力について
「人」「事業」「環境」だと思います。百戦錬磨の諸先輩方と、スケールの大きい事業に挑戦できる環境があること。それが、僕にとってのフェズの魅力です。新しいコトをやるので、失敗をすることもありますが、どうすれば上手くいくか、チームで一緒に考えてチャレンジする環境があります。本気でマーケットを変えるため、全員で勝ちに行く。そんな人、事業、環境が、フェズの魅力です。
STEPHEN HARUKA NEZU’S PROFILE
東京都東村山市出身。2015年にグーグル合同会社に入社。広告営業部にて、ウェブマーケティングの面白さに取り憑かれる。その後、今まで学んできたウェブマーケティングを自分で実践したいと思い、友人と起業。2018年前職時代の先輩である青野からの誘いがきっかけでフェズ入社。現在は、プロジェクト推進部部長として活躍中。
Working Mom 制作部 類家 麻衣子
常に時間との戦いなので、仕事を見極めて効率的に仕事をこなせるように心がけています
仕事と育児の両立を目指す働くママ
子育ては「今」の私の最重要項目です。でも、私の人生の全てではありません。だからこそ「仕事を頑張るお母さん」として娘と付き合っていきたいなと思い、仕事と育児の両立を頑張っています。夫の仕事が不規則なので、子育てはほぼワンオペ。だから、残業がしたくても保育園のお迎えがあると難しいし、体力的にも「正直、大変だな。」と思うことはあります。だからこそきちんと成果を出せるように、一つ一つの仕事を見極めて効率的に仕事をこなせるように心がけています。
現在の仕事内容
制作部で動画の制作管理をしています。主に外部の制作会社の方と協力しながら、クライアントが抱える問題を解決する動画を作るのが私の仕事です。質の高い動画は人の心や行動に与える影響がとても大きいものの、その影響がマイナスに働いてしまうと深刻な問題に発展しかねません。また、一度完成してしまった動画の修正は困難なことが多いです。そう考えると、子育てと動画制作は似ています。不安もありますが、正解が分からないからこそ今できるベストの選択を積み重ねていきたいと思っています。
フェズの魅力について
1歳の娘を抱える私の転職活動は、簡単ではありませんでした。やはり子供がいると、保育園のお迎えで勤務時間が限られたり、急な発熱でお休みをする可能性が高くなるからです。でもそれは私の「子育て中である」という1つの条件だけを見て、私自身を見てくれていないと感じていました。フェズの面接では、私の「今」とともに「将来どんな仕事をしたいのか?どんな自分になりたいのか?」ということを大事にしてくれました。長期的な成長を前提に色々な仕事を任せて貰える環境が、フェズの強さであり、魅力だと思います。
MAIKO RUIKE’S PROFILE
福岡県出身。2003年NHK熊本放送局を経て上京し、(株)セットワールドクリエイションズにてディレクターとして全国放送の制作に携わる。フリーランスを経て2018年にフェズ入社。映像制作を担当。 ▶類家をもっと知る
JOIN US !!
フェズが目指しているのは「消費そして地域を元気にする」こと。何もかもが ”ゼロイチ” の状態で、新たな市場創りのため日々挑戦しています。価値基準のひとつに ”性善説を信じる” が掲げられているのも、フェズがチームで勝つ企業だからこそ。
それぞれのベストな働き方を尊重することが、チームとして最大の価値を発揮するとフェズは信じています。世界を変える感覚は、誰しもが味わえるわけではありません。

今までなかった世界を、今まで見ることができなかった景色を、最高の仲間と。
RECRUIT INFO